さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


山の挽歌-松田白作品集- › 殿城山 › 殿城山(1)

2009年02月11日

殿城山(1)

 その山の名前を聞いたら「とのき山」と教えてくれたのは、確かコロボックルヒュッテの手塚さんだった。たぶん殿城山と書くのだろう。
 車山から蝶々深山(ちょうちょうみやま)に続くおおらかな尾根から、小さな痩せ尾根を分けて、その先にぽつんと立つその山は、北、東、南の三方に急峻な草付を持ち、ベーゴマを伏せたように突っ立っている。

 夏のある日、私はいつものように頂に寝ころんでいた。
 真青な空にひと握りの雲が浮かんでいる。遥か山彦谷の底から、チェンソーの物憂げな音が絶え間なく聞こえてくる。微風が鼻をかすめる。風はサリチル酸メチルの香をかすかに含んでいた。どこか近くに「いぶきじゃこう草」の花が咲いているのだろう。それとも、お隣の車山から池の平へ下る尾根から運ばれてくる香だろうか。あの尾根の砂礫地にはこの花が多い。いつか、シベリアの平原を走る列車は、その時期にはいぶきじゃこう草の匂いに満たされるということを聞いた。匂いがなければ知らずに踏みつけて通り過ぎてしまうくらい、小さな花なのだ。
 この笹の茂る小さな頂は、訪れる人のないままにいつもぽつんと孤独だ。私が諏訪に住んで十三年の間、幾回ここを訪れただろう。十回は越えているような気がする。そのほとんどが一人で来ている。二人で来たのは二回だけあった。ここは尾根から離れて突き出した岬のような小さな山の頂なのだ。だから、さっきたどってきた痩せ尾根を除いて、三方はさわやかな風に満ちた空間なのだ。こうして寝ころんでいる私に、笹の葉末を残して見えるものは、その空間に浮かぶ蝶々深山と青坊主のような蓼科山の頭と、空気の海に傾(かし)がって沈没しそうなカシガリ山だけである。

 私が初めてこの頂上を踏んだのはいつ頃だったろう。ある初夏、車山の乗越(のっこし)から池の平への尾根を下る私の目を奪ったのは、左手の谷を隔ててその急峻な山肌をニッコウキスゲで真黄色に染めたこの山であった。あの頂上に行ってみよう! 蝶々深山からの尾根を拾えば、藪をこいでもたかがしれていると思った。その山頂とのつき合いはその一ヶ月後から始まった。以来私は勝手ながらこの山を自分の山と決めた。否、私の安息の場所に決めたのである。
 車山から蝶々深山に続くおおらかな草の尾根の、防火線が左に屈曲するあたり、右側の岳樺の林の近くにこの山への入口があった。この辺から右に派生する尾根はこれひとつしかないのでわかりやすいが、入口には踏み跡らしいものもない。藤色の松虫草をかき分けて小尾根沿いに下っていくと、踏み跡らしきものが現われて痩せた尾根となり、下りきった所から登るともう頂上である。狭い頂上の笹に交じって咲いていたやなぎらんの濃いピンクが印象的だった。

 その秋も末、十一月の初めの祭日、私は萩倉から落葉の散り敷く東俣御料林の中を登っていった。私が十一月のその日を選んでその道を登るのは理由があった。その道が七島八島の湿原の落ち水を集めて流れ出すあたり、ちょうど登っていく道から狐色の湿原が見えてくるあたりに、十一月の花といわれる「まゆみ」が咲くからである。桃の花を遠くから見るように、青空に薄紅を浮かせて美しい。実際には花ではなく実なのであるが……。
 この頃の霧ヶ峰は滅多に人と会うこともない静けさの中に置かれている。この流れの岸にあるまゆみは特に美しい。それは葉が早く落ちて実だけになるせいらしい。この先の山の神の祠の傍らにあるまゆみは大木ではあるが、実が色づいてもいつまでも葉が落ちずに茂っているので、近づいてよくよく見ないと実がわからないから、桃の花が咲いたようには見えないのである。
 私は切り倒された樅の木からクリスマスツリー用にひと枝を頂戴して、これを肩にかついだ。私は山の神から冷たい風の渡る山稜を、まっすぐ蝶々深山の尾根に向かって登った。ふと「殿城山」に寄る気になったからである。この時以来、クリスマスツリーと殿城山行きは恒例となってしまった。山頂に樅の枝を放り出して寝ころぶと、柄にもなく「ああ、今年も無事終わるな」という感慨が胸にしみた。
 子供達はそのささやかな樅の枝に飾りをつけ、赤や青の豆電球をつけた。一月過ぎ、樅の葉が枯れて落ちるまで、それは部屋の中に置かれていた。その娘の名は「まゆみ」という。


あなたにおススメの記事


同じカテゴリー(殿城山)の記事
 殿城山(2) (2009-02-15 11:05)

Posted by 松田まゆみ at 13:52│Comments(0)殿城山
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
殿城山(1)
    コメント(0)