さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


山の挽歌-松田白作品集- ›  › 愛の悲しみ

2009年06月11日

愛の悲しみ


鳥も啼かぬ白樺の森の
波立てぬ沼のほとり
梢から絶間なく
たゆたい下る霧雨の
二人をとりまき
  二人を黙らせ
いつまでも濡れていたいと
思う心の
空虚な時間と
幸福な時間との
連続のはかなさ
貴女も知っている
私も知っている
愛することの苦しさを
その苦しさを逃れることの
できぬ掟を
逃れようとは思わない
  逃れようとは思えない
石楠花の固い蕾に
梢より落ちる悲しみ
相寄る二つの魂に
悲しみの
  ふりかかり ふりかかり
人を愛せし罪びとの
悲しみだけが美しいと
  悲しみだけが美しいと……


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー()の記事
  (2010-03-13 11:48)
 頬白に寄せて (2010-03-12 14:58)
 登攀 (2010-01-29 15:10)
 九十九里浜 (2009-12-18 14:31)
 無題 (2009-11-28 14:12)
 雪原 (2009-11-22 14:15)

Posted by 松田まゆみ at 15:23│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
愛の悲しみ
    コメント(0)