さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2010年03月13日


氷河湖をまたたかせ
氷塔(セラック)をかげろわせて
悠々と 影が登る
「おーい 雲
 ちょっと 僕達と
 休んでいかないか」
君達はいいな
懸垂氷河も ヒドンクレヴァスも
気にしないんだから
でも見てくれ
ここから 山稜はもう
一枚の純白なサテンだ

灰色のある日
絶え間なく 稜線を
越える雲達と一緒に
僕も圏谷(カール)を下った
音の無いエロイカの
第三楽章にとり囲まれて
なぜか 僕に 遠い日の
記憶がよみがえった
「お月様(じちゃま) かくれんぼ
 おふとん(おっとん)かぶって ネンネした」
幼かったベッドのわが子の
独り言だった

谷をうずめて
雲達は未だ眠っている
群羊の青い眠りだ
やがて 地平の一点が
ゆらめき 炎え上がる
そして七彩(なないろ)の絢爛(けんらん)が
君達をゆり起こすだろう
旅立ちの朝だ
雲よ
今日も僕達と
在るがままを喜び
在るがままに慟哭(どうこく)もしよう

アルプの紺青に
ポッカリ浮かんだ二つの雲
「あの雲 一つになるんだろうか」
アルペン デージーの花をかざして
妻が言った
「さあね……なるわよきっと」
雲は並んでユルユルと遠去かる
行手は輝く白い峰だ
「私達 二人っきりになるわね」
僕はボンヤリ
番(つがい)の薄羽白蝶(アポローン)の
交錯する曲線を追っていた


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー()の記事
 頬白に寄せて (2010-03-12 14:58)
 登攀 (2010-01-29 15:10)
 九十九里浜 (2009-12-18 14:31)
 無題 (2009-11-28 14:12)
 雪原 (2009-11-22 14:15)
 砂の音 (2009-11-21 15:40)

Posted by 松田まゆみ at 11:48│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
    コメント(0)