さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2010年03月26日

第三幕

戸外で樹林を揺する風の音。杉の経営する山小屋の一室。五年後。

路子 今日のお客様、とうとう私一人ね。

  ええ、もう来ないでしょう。遅いから。

路子 急に私が来てびっくりなさった?

  驚きました。お一人だったのでよけい・・・・・・。

路子 コーヒー入ったわ。進駐軍のよ・・・・・・。

  いい匂いだ、久しぶりに。

路子 いつ帰ってらしたの? 戦地から・・・・・・教えてくださらなかったのね・・・・・・。

  すみません。去年の夏です。帰ってから東京で勤めたのですが、山男は結局都会には住めないらしい。ちょうど土地が借りられたので、都落ちしました。

路子 うそっ。私から逃げるのね。それとも秋本さんから?

  ・・・・・・。

路子 ずいぶん探したわ。

  よくわかりましたね。

路子 古風に言えば「風の便りに」ってとこかしら・・・・・・いいわそんなことどうでも・・・・・・ねえ、明日奥又白のお池に連れてってくださらない。今頃、ナナカマドの紅葉が奇麗でしょうね。

  ・・・・・・でも路子さん、結婚なさったのでしょう?

路子 誰と? 結婚なんかしていないわ。

  どうして・・・・・・どうしてなさらないんです。

路子 「秋本さんと」っておっしゃりたいのでしょ・・・・・・私が結婚しないの、ご存知なくせに・・・・・・。

  秋本はどうしてます?

路子 あなたを待っているわ。変わったわ、あの人。山へ行けなくなってから・・・・・・。

  僕は戦場で行方不明になった男なのに。秋本は私が帰ったこと知っていますか?

路子 知らないわ。知っていれば探さないわ。

  僕は都会生活の落伍者。こんな山小屋の主人(あるじ)で一生終わる人間です。

路子 それ、どういう意味?

  秋本は少壮実業家。あなたはなぜ彼と結婚しないのですか? あなたは都会の人だ。

路子 あの人はあなたの生死を確かめたいのよ・・・・・・待ってるのよ。

  馬鹿な奴だ。

路子 同情されて結婚したくないのよ。「あなたは杉と結婚すべきだ」なんて言うの。

  あなたは秋本好きなんでしょう?

路子 嫌いじゃないわ・・・・・・。

  ではなぜ?

路子 私にそれを言わせるの?

窓外に梢を渡る風の音。
音楽(次第に迫る感情の高まりを暗示して


  路子さん、私を苦しめないで・・・・・・秋本を幸せにしてやってください。

路子 私、待ってましたの。あなたが必ずお帰りになると信じて・・・・・・コブ尾根の岩穴の中でのお二人の話、私みんな聞いていたのよ。

  秋本と結婚してやってください。あいつはいい奴だ・・・・・・可哀そうだ。

路子 男は勝手だわ。私には選ぶ権利がないの? 私の意志は無視されるの?

  路子さん! (感情迫り)

路子 会いたかったの。私はあなたが好き。ずっと前から・・・・・・。

  路子さん!

路子 あなたが秋本さんとどうしても結婚しろと言うならするわ。あなたのために・・・・・・。でも路子はどうなるか! 路子は、路子は・・・・・・。

路子、杉にとりすがって烈しく泣く。

  路子・・・・・・ばかばかばか・・・・・・。

路子 抱いて・・・・・・もっとしっかり抱いて、あの夜のように。路子、赤ちゃんになるわ。今夜一晩中抱いていて・・・・・・。

  いけない。路子、いけない・・・・・・。

路子 いいの・・・・・・これっきりでいいの。後悔はしないわ。秋本さんのお嫁さんになるから、だから許して・・・・・・。

音楽(烈しく情熱的に盛り上がり消える)


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(晩照)の記事
 第四幕 (2010-03-28 11:58)
 第二幕 (2010-03-25 13:56)
 第一幕 (2010-03-22 11:43)

Posted by 松田まゆみ at 14:26│Comments(0)晩照
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第三幕
    コメント(0)