さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


2010年03月25日

第二幕

コブ尾根の一部。岩壁上のテラス。霧の飛ぶ音。霧に閉じ込められて休んでいる三人のパーティー。その中の一人、秋本の歌うヨーデルの歌声、霧の中に響く。
音楽(ロンサムヨーデラーの歌。歌詞略。伴奏なし。なるべく英語で)
歌声、杉の声に中断される。


  おい、ガスが薄れはじめるぞっ。

秋本 そうさ、俺が歌えば晴れるんだ。

  何言ってやがる。俺の日頃の行いがいいからさ。

路子 ストップ。誰かしら、今朝私をマスコット代わりに連れてってやるって言った人・・・・・・マスコットにテルモスの紅茶飲ましてごらんなさい。たちまち晴れるわよ。

秋本 おい杉、このマスコットまるで人間みたいにお茶ばっかり飲むぜ。薄気味悪いから捨てて逃げようか・・・・・・。

  そうだな。バチが当たらないようにテルモスを一本お供えしてな。ハハハ・・・・・・。

路子 いやーん・・・・・・いじわる!

音楽(明るい日差しを見せて)

秋本 梓川が見えてくるぞ・・・・・・おいおいこのテラス・・・・・・うわーっ、すごく下が削げてるぞ、オダブツオダブツ。

路子 ほんとにすごいわね。ガスで見えなかったけど・・・・・・。

  さあ、行こう。縦走路までもうすぐだ。

秋本 杉、少しルートからはずれているな・・・・・・。

  うん。尾根は向こうだ。

秋本 そうだな。あの上の壁をトラバースするか・・・・・・。

  ちょっとカブってるな・・・・・・。

秋本 あのリスが利用できる。俺がトップをやる。路ちゃん、いいだろ・・・・・・。

路子 私にもたまにはやらせてよ、トップ。

  だめだめ、尾根に出たら遊ばせてやるよ。

秋本 ツウピッチ……路ちゃんにはその上のスタンスでビレイしてもらうか・・・・・・じゃあ行くぞっ。

路子 いいわ、セルフビレイするわ。

岩を攀じる鋲靴の音。ザイルを繰り出す気配。しばし・・・・・・突然落石の音。二つ三つ、つられてガラガラと落石の音。
音楽(烈しく、悲劇を暗示して)


路子 危ないっ、秋本さん!

秋本 ああっ!

しばらく落石の音続き、遠ざかって消える。後に静けさが残る。
音楽(低音、不気味に)


路子 杉さん、助けて、秋本さんがっ。秋、秋本さーん!

  路ちゃん、墜ちたのか、秋本っ!

路子 墜ちたの。いえ、止まってるわ。動かない。私の身体も・・・・・・動けない。

 今行く、頑張ってくれ。

忙しく岩を登る鋲靴の音、息切れ。

  どうしたっ、路ちゃん何ともないな・・・・・・秋本ーっ、秋本ーっ、返事しろ。

秋本 (下方から小さく苦しそうに)大丈夫だ・・・・・・だが足が動かない。

  そうか、今行く。じっとしてろっ。

音楽(静かに悲痛に続き、急に烈しく盛り上がる。風の音に交じり、風の音だけに変わる)
岩穴の中。外で風の音が烈しい。


秋本 (小声、あたりをはばかって)・・・・・・杉、起きてるか?

  起きてる。何だ? ・・・・・・痛むのか?

秋本 しびれている。あまり痛くはない。杉・・・・・・俺は死なないらしいな・・・・・・おまえのおかげだよ。

  馬鹿! よけいな心配するな。しかしいい所に岩穴があったな。さっきはさすがの俺も音をあげるところだったぜ。

秋本 うん、よかった。・・・・・・杉、路ちゃん起きてるか?

  寝てる、安心しろ。

秋本 杉、俺の足は挫(くじ)けた・・・・・・もう山は駄目だな。

  そんなことがあるか。すぐ治るさ、そんな野蛮な足・・・・・・。

秋本 いや、俺にはわかる。杉、路ちゃんを頼みたい・・・・・・。

  何のことだ。ちっとも心配はない。俺が明るくなったら仲間を呼んできてやる。

秋本 そうじゃない。おまえ、路ちゃんと結婚してくれないか?

  冗談じゃないぜ、秋本。おまえら親が許した仲なんだろう・・・・・・。

秋本 内々はな。だが俺は落伍した。こんな足じゃ路ちゃんが可哀そうだ。おまえは路ちゃん嫌いじゃないんだろう。おまえなら路ちゃんを幸福にできる。ほかの奴にはやりたくないんだ。路ちゃんもおまえが好きなんだ。

  弱気になるな、馬鹿。そんなこと言って後悔するなよ。俺だって路ちゃん好きだけど・・・・・・おまえからとる気はないよ。俺は赤紙を待っている。戦争でどうなるか・・・・・・たぶん死ぬんだ。俺の方こそ、路ちゃんをおまえに頼みたい・・・・・・幸福になれよ。

秋本 そうか・・・・・・俺はもう戦場にも行けないのか!

音楽(悲痛に、心の中に忍び込むように)

秋本 杉、路ちゃん少し変だ。みてやってくれ・・・・・・。

  悪寒がするらしいぞ。体ががたがた震えている。

秋本 抱いてやってくれ。温めなければ風邪をひく。

  秋本、そいつはおまえの役だ。

秋本 馬鹿。こんな身体で何ができる。頼む、そんな場合じゃない。

  いいのか、秋本・・・・・・。

音楽(悲劇的に盛り上がって止む)

  私は路子を一晩中抱いていた。赤ん坊のように。路子の悪寒は熱が出るとともに止まったが、頬は真赤に火照り、唇は乾いていた。私は何度か彼女の額に私の額を押し当て、冷やした。自責にかられながらも、彼女の身体を強く抱きしめた。明け方、彼女の熱はほとんど引いていた。ほっとして私は煙草に火をつけた。路子は私を見て、突然「私にも喫(す)わせて」と言った。路子は私の煙草を喫った。

音楽(懐古の情感をたたえて静かに)


あなたにおススメの記事

同じカテゴリー(晩照)の記事
 第四幕 (2010-03-28 11:58)
 第三幕 (2010-03-26 14:26)
 第一幕 (2010-03-22 11:43)

Posted by 松田まゆみ at 13:56│Comments(0)晩照
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
第二幕
    コメント(0)