さぽろぐ

  日記・一般  |  その他北海道

新規登録ログインヘルプ


山の挽歌-松田白作品集- ›  › 九十九里浜

2009年12月18日

九十九里浜


九十九里の海は ゴウゴウと鳴り
風がビュービュー吹いている

九十九里の砂丘は
うずくまる 二人を乗せ
真暗な空間は 自転している

貴女は何も言わないが
私はやたらに話題を
探しては しゃべる

九十九里の海は ゴウゴウと鳴り
海は牙をむく 野獣のようだ

星一つ 雲一つ見えないが
私の心は ほのぼのと温かい

未来に 微かな期待と
不安の おののきを感じながら

ゆるゆると しかも一瞬も
止まることのない時刻(とき)
二人だけしか 知らない
時間を乗せて

九十九里の砂丘は
太陽の裏側を
悠々と自転している


同じカテゴリー()の記事
  (2010-03-13 11:48)
 頬白に寄せて (2010-03-12 14:58)
 登攀 (2010-01-29 15:10)
 無題 (2009-11-28 14:12)
 雪原 (2009-11-22 14:15)
 砂の音 (2009-11-21 15:40)

Posted by 松田まゆみ at 14:31│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
九十九里浜
    コメント(0)